画像エロタレスト

おすすめキーワード

飲み放題の記事一覧(10件)

10件中 110
2020/11/17 20:12
飲んべえにとって天国のようなピンサロだ。なんと、プレイ料金にプラスで500円支払えば生ビールが飲み放題になるのだ。なのでここは「飲めるピンサロ」ではなく「しゃぶってもらえる居酒屋」と考えるといい。俺はいつも40分のロングコースで入店して4、5杯は飲んでいる。嬢にはチンコをしゃぶってもらいつつ、キンキンに冷えたビールをガバガバと飲むのは最高に気分がいい。特にこの暑い時期はなおさらだ。お代わりが欲しくな
フェラチオしてもらえる居酒屋ビール飲み放題のピンサロで酔っぱらいながら抜いてもらう
2020/06/14 09:33
沖縄旅行に行った際、現地に住む友人からディスコに行かないかと誘いを受けた。何でも、そのディスコに来る女の客層が30半ばから40後半のオバハンばかりで、熟女好きの俺にはおあつらえ向きの場所らしい。さらには、「その店の女客って本当に男に積極的だから、簡単に喰えるぞ」とも。そこまで聞いて行かぬわけにはいくまい。そのディスコは店名を「エイリー(EILLY)」といい、那覇市・国際通りの雑居ビル3階にあった。入口
沖縄のちょんの間に代わり連れ出しキャバクラのド興奮|泡盛飲み放題の地だから素人もプロも喰い放題
2020/06/04 10:02
 1、チンポ見せ性癖を持つ男がマンガ喫茶で合法的に勃起チン見せ「チンポ見せ」という性癖を持つ男がいる。なによりオレがその一人である。ただしオレは路上でいきなりチンポを出すほど狂ってないし、逮捕される勇気もない。あくまで合法的に見てもらうのが自分の流儀だ。そんなオレが「チン見せ」の場として最初に目をつけたのはカラオケボックスだった。カラオケならフリータイム料金に加えてドリンク飲み放題を選べば、5
女医にチンポを診せる・全裸で玄関対応|露出狂の考えた合法的チン見せ・チンポロ・チンモロ
2019/09/09 00:00
「チンポ見せ」という性癖を持つ男がいる。なによりオレがその一人である。ただしオレは路上でいきなりチンポを出すほど狂ってないし、逮捕される勇気もない。あくまで合法的に見てもらうのが自分の流儀だ。 そんなオレが「チン見せ」の場として最初に目をつけたのはカラオケボックスだった。 カラオケならフリータイム料金に加えてドリンク飲み放題を選べば、5〜6時間のあいだ、バイトの女の子がドリンクを運んでくるたびにチ
チンポ見せ性癖を持つ男がマンガ喫茶で合法的に勃起チン見せ|エッチ告白
2019/05/21 17:40
最近ハマってるんですよ、キャバクラ。知ってました?今、都内のキャバクラって競争が激しいおかげでメチャクチャ安いんです。50分の基本料金で3千円飲み放題とか、もうそんなのザラ。ただ、行って飲んでバカ騒ぎしてオシマイってんなら、その辺の居酒屋で飲むのと同じ。まあ遊び方なんて人それぞれでしょうけど、僕はオネーチャン落としてナンボのモンだと思ってます。じゃなきゃいかないですよ。やっぱり歌舞伎町とか、池袋とか
キャバクラいくならお持ち帰りしなきゃ
2019/04/15 21:21
   現場に選んだのは、ネットで見つけた、東京・新宿「G」なる店だ。飲み放題で最初の1時間が3千円、2時間目が2千円、以降1時間ごとに千円が加算されるシステムで、女装趣味を持つ客はもちろん、興味本位の一般人でも入店可能だ。緊張しつつ店の扉を開く。「いらっしゃいませ〜!」店の奥のボックス席から、明らかに女装子と思しき3人が立ち上がった。1人はヅラっぽい髪型で二の腕のたくましい一重、さらに
夜の女装バー現場潜入
2019/02/01 11:41
  この店の特徴は、セクキャバとピンサロを一度に両方楽しめちゃうところです。入店するとまずはテーブル席に通され、通常のセクキャバタイムがスタート。およそ10分間隔で入れかわり立ちかわりやってくる女のコと、会話したり、酒を飲んだり、乳を舐めたり揉んだりして楽しみます。セクキャバタイムはけっこう長めの40分。ちなみにその間、ビール、焼酎、ウイスキーは飲み放題です。その後、女をひとり厳選して専用ブー
セクキャバ40分の後でピンサロタイム40分
2018/10/24 14:49
         俺は友人を引き連れてなにわうどん周辺をウロウロしていた。かねてからこの辺りは悪質なボッタクリ連中が集まるゾーンとして有名。おっと、来た来た。さっそく、スーツを着てメガネをかけたオッサンが。「どうです、ヌキキャバ」「いやぁ、ヌキはないよ」「ならランパブは?それぐらいだったらいいでしよ」「まあね。で、いくらなの」「飲み放題5千円で。ウチは前金制だか
ピンサロ・セクキャバ・逆ナン素人娘のポッタクリの手口
2018/10/18 10:29
     気を取り直して、「ナンバBAR」にチャレンジしてみる。さすがに、ここは話して終わりってことはないだろう。例によって、まずは電話で問い合わせ。「あの新聞見たんですけど。」「システムはですね、1時間飲み放題で5千円になっています。お店には女の子がたくさん遊びに来ています。お好きな子と話をしてもらって、連れ出してもらって結構です」「それからどうなるの?」「お店に紹介料1万円
ナンパBARは単なる援助交際クラブだった